アウト✕デラックスがおもしろい

最近アウト✕デラックスという番組にハマってる。なんか不定期でやっている番組だと思っていたんだけど、いつの間にかレギュラー化して毎週木曜日23時からやってたのか!これは毎週チェックしなきゃだな!

番組ページ⇒ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/outdx/

内容は、世間的に見たら完全にアウトな人たち(自分のことを上地雄輔にそっくりだと思ってる人とか、ゲイだから相方を狙っている芸人とか)を、ナイナイの矢部さんとマツコ・デラックスがいじるみたいな番組。

レギュラーのアウト軍団(この人たちが本当にヤバイ)と、ゲストとして芸能人含めアウトな人たちが出てきてトークする。

いままで一番やばかったのがゲストとして登場したシャムシェイドのヴォーカルで、自分で忘れたくない言葉を刺青にして身体に彫りまくったり(たしか「努力」とかだった気がする)、自分で歯を作ってインプラントしたりしてるんだよね。やべっちとかマツコとかめちゃくちゃ笑ってるんだけど、彼はずっと目が真剣で、あぁこの人は本物だ、本物のヤバイ人だと思った。

 

でも、アウト軍団とか多分世間にでたらドン引きされるような人たちで、きっといままで周りと上手くいかなくていじめられたり辛いこともあったりしたのかなとか勝手に想像しちゃうけど、この番組を見ているとめちゃくちゃ愛しく思えてきちゃうんだよね。それがとてもいい。

 

ちょっと違うかもしれないけど、NHKが昔放送した障害者の、障害者による、障害者のためのバラエティ番組「笑っていいかも!?」を思い出した。

人それぞれだと思うけど、アウトな人たちはネタとしていじられることで結構居場所が見つかったりするんじゃないかな。自分が嫌じゃなければ。

まぁそれは構造的にはいじめと同じなのかもしれないけど、僕はクラスでいじめられている変なヤツがいたら面白いと思って話しかけちゃいたくなるタイプの友達とか好きだったな。僕はシャイなのでできなかったけど。

でもいじりもいじられも結構スキルいるんだよね。僕みたいなデブメガネでおまけに根暗なヤツは一歩間違えればいじめられっ子だったけど、なんとかいじられスキルで乗り切ってきた感はある。

実際にはこの番組のようにやべっちとかマツコみたいな人生経験豊富ないじりのプロがいないとなかなかいじり・いじられはうまくいかないと思うけど、まぁアウトな人たちがこうやって周りに可愛がられたらいいなと思います。